映画「トップガン」あらすじ

マーベリックは海軍のエリート養成所トップガンに送られて、エリートになるために養成所での訓練は厳しかった。でも相棒のグースとともに頑張っていた。飛行訓練ではマーベリックは少しきかんぼうな一面が凄く前に出ていて教官からも大目玉をくらう。美人の教官がくるよれがケリーだった。マーベリックの優秀な本質をケリーは分かっているが、すぐには教官なので付き合うわけにはいかない、距離をとりつつでも強烈なマーベリックの魅力に惹かれていくケリー。いつしか結ばれる二人。相棒を失った。自信喪失のマーベリックにどうしてもあげられないケリーの思い。マッハの世界を感じることが出きる、飛行機の速さの映像もリアルで目がまわるような速さで恋愛もまっしぐらです。トム・クルーズ演じる音速のトップガンでの飛行機の操作のすばらしさ。サングラスをかけてバイクにまたがるマーベリックのかっこよさ。女性ならだれしも惹かれる要素が満載です。ケリーの自宅の当時流行りだっただろうと思われる室内の感じも素敵だ。ケリーの品のあるヘアスタイルも見どころ。トラッドな洋服の着こなしも見どころ。当時の男性だけではなく、女性にも男性の逞しさや、女性の愛されるスタイルを学ぶにはもってこいのエネルギッシュな早すぎるアクション飛行機好きにはたまらない大大ヒットした作品です。危険な中にも恋愛、友情、男のロマンが詰まった見ないと損をするくらいの感動のこれでビッグスターの仲間入りのトムの演技も大注目です。

映画「トップガン」感想

この映画は音速の貴公子だと思うくらいの恋愛にまっしぐら、そして人生の若い時のすばらしさ、勢いの良さ、そんな感じを前面に感じる作品だと思います。マーベリック演じるトム・クルーズの瞳の輝き、素晴らしいです。ビッグになる要素が分かる気がします。魅力が凄すぎて、直視できないくらいの素敵な笑顔で共演の女優さんも美しいのだが、トムの若い美しさ、かっこよさではかたずけなれないほどです。エリートパイロットの命知らずな感じも出ていて、はらはらさせられます。このドキドキも大事な映画に入り込んでしまう所かなと思っています。友達の死で絶望してしまうのもこの映画の見どころで、やはり飛行機乗りは命を失うかもと隣合わせの人生だと思います。この悲しい現実を受け入れてまた、立ち上がって生きて行かないといけないのかと。色んな問題が生きていく上で出てきます。それを主人公がどうやって乗り越えるかも見どころです。自分の人生は大したことないのでこの映画で大スペクタクルを感じたいのです。