映画「羊と鋼の森」あらすじ

この作品の原作は、宮下奈都さん著書で、2016年の「本屋大賞受賞作」です。2018年に映画化されました。映画はほぼ原作に忠実に再現されています。
あらすじは、田舎に住むある一人の純朴な男子高校生が、将来の職業として「ピアノ調律師」を目指すまでのいきさつから始まります。彼の通う高校の体育館に、俳優、三浦友和が演じるピアノ調理師、板鳥宗一郎が訪れ、その出会いが大きく彼の人生の道を切り開いていきます。そうして、彼は、将来のピアノ調律師になるために、高校を卒業後には、ピアノ調律師になるための専門学校に通うことになります。そして、専門学校を卒業後には、就職先は、楽器店に採用が決まり、ピアノ調律師として働く事になります。仕事を通し、職場の先輩方や、お客様との出会いにより、若い青年は様々な事を学び、成長していきます。ピアノ調律師という職業の奥深さや、お客様の調律の仕方やニーズ、それに応える調律法、また、現場により、調律法も様々とあり、奥が深いこと等、彼は、日々、熱心に仕事に対する情熱を失わずに学んでいきます。
印象に残るあらすじとして、得意先のピアノ調律をする家庭の双子の女子高生の話があります。この双子の女子高生を通しても、彼は、色々と学ぶことが多くなります。そして、またこの双子の女子高生の進路の決定についても、彼は、関わってくるようになります。
あまり聞き慣れない職業「ピアノ調律師」という仕事の繊細さに感銘を受ける映画です。

映画「羊と鋼の森」感想

この映画を、映画館で観るきっかけとなったのは、私自身の友人で、実際にピアノ調律師を職業として仕事をする人がいて、本屋大賞で、受賞されたこの映画の原作を本で先に、興味を持って読んでいたため、映画化されたときは映画館で必ず観ようと思ったからです。映画としてみた感想は、原作で読んだ内容が大きなスクリーンで演じられていて」、吸い込まれるように内容が頭の中に入ってきました。
実際にピアノ調理師という仕事の繊細さを、仕事がピアノ調律師である私の友人から聞いていた事も納得させらながら、とても楽しめました。
想像以上に繊細なこの仕事について、この映画を通して知ることが出来ました。
ひたむきにピアノ調理師の仕事に向き合う、若い青年の姿には、清々しく、神聖なまでの美しさを感じました。
また、この映画を通して、この世の中には様々な職業がるけれど、仕事をする人の尊さ、素晴らしさ、を教えらた様な気持ちになりました。
仕事に対する人生観を学んだ素晴らしい映画でした。